歯医者を嫌がっている場合ではない!虫歯を放置し続けると大変なことになりますよ

失敗したくない歯科医選び

CT常備。これからの時代にインプラント治療を受けるための、必須条件です。人の体は平面ではありません。3次元で診断することは、医療人として当然のことだと考えています。
出典:http://oikawa-dental.jp/01about-implant/

 

高度な矯正専門技術を習得していない歯科医師の矯正治療を受けることは患者さんご自身のプラスにならないだけでなく、むしろ、様々な弊害をおこすこともあります。矯正治療をお考えの方はこのことをよくお考えの上、受診される医院を選択されることをおすすめいたします。
出典:https://www.satoshi-kyousei.com/justly_cure/

 

3院目でようやく、「虫歯がありますよ!」と診断され、実際に、虫歯の状態もきちんと見せていただきました。しかも、神経すれすれまで悪化しているとのことで、またもやおおがかりな治療になる可能性が。(2年ほど前も、5本ぐらい治療したので・・・)これはさすがに、3院目の院長さんも驚きを隠せず、なぜ前の歯医者で虫歯を見つけられなかったのか、疑問を感じずにはいられないようでした。
出典:https://ameblo.jp/chartreuse-yellow/entry-12410512805.html

 

虫歯を放置し続けていると大変なことに!

虫歯菌「ミュータンス菌」の一種は、脳の血管の壁にくっついて、炎症を起こすのだそうです。しかも、出血を止める「血小板」の機能を低下させる作用もあるという怖さ。((;゜Д゜) 歯を溶かすだけでなく、脳にまで侵入するなんて。。恐ろしい。・・いやいや、歯医者を嫌がっている場合じゃないですね。虫歯になったら「歯医者」、そして虫歯にならないよう予防も心がけたいものです。
出典:http://www.seedcoms.net/landing/column11.html

 

自分も高校生の時に、虫歯を放置し大きな穴を開けた結果、神経の治療を受けたことがあるので、歯科医院になかなか行かない患者さんの気持ちも分かります。分かるのですが、神経の処置に突入する時には、なんだか非常にやるせない気持ちというか、もったいない気持ちというかなんとも表現しにくい感情になります。
出典:https://www.nikoraikai.org/news/108/

 

虫歯が全くない子どもは、5歳児の場合、61%。その一方で、重い虫歯が10本以上ある子どもも少なくないことがわかってきました。『口腔崩壊』と呼ばれ、専門家の間で危機意識が高まっています。
出典:https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/09/0902_2.html

 

怖くない歯医者が増えている

お子さんなら、予防処置からはじめれば歯科医院の雰囲気に慣れるいい機会になるでしょう。初めての歯医者で「痛い治療」を受けると通院しにくくなってしまいますが、予防処置なら痛みがないので安心です。
出典:http://sakae-chou-dc.com/treatment/child.html

 

白衣は着用せず、親しみやすい服装で対応することで子どもたちの緊張を少しでも和らげます。また、お手伝いをするのは全員衛生士で、受付は保育士資格を取得したスタッフが対応しますので、お子さまとのコミュニケーションもスムーズです。
出典:http://kodomonoshika.com/

 

当院は小さなお子様からご年配の方まで、地域の皆様に通って頂きやすいクリニックであることを目指し診療をしています。恐怖心を取り除くため笑気麻酔を導入しており、リラックスして治療を受けて頂けます。
出典:https://musee-whitening.com/clinic/807/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です