定期的に歯医者に通う予防歯科のすすめ

生え替わる乳歯にも重要な役割があることはご存知ですか

歯科医師としての経験はもちろん、自らの子育て経験を活かし、お子様を飽きさせない工夫や、ベビーカーのまま診察室にお入り頂けるバリアフリー設計など、ご家族ぐるみでの診療に最適な環境を整えております
出典:http://www.setagaya-kodomo-dental.com/

 

乳歯はどうせ生え替わるからといって大切にしなくてもよいということではありません。永久歯に生え替わるまでの重要な役割があります。あごの発達、顔の輪郭の形成、身体の発育、永久歯の歯並びなど影響は様々です。
出典:http://www.kojimadc.com/child-dentistry/

 

子どもが大好きなスタッフが丁寧に対応いたします。また、成人の方の診療もいたします。幼稚園教諭および保育士 資格を持つスタッフがおります。小さなお子さまがいらっしゃる方 は、治療中にお子さまをスタッフがお預かりいたします。
出典:https://www.komatsu-kodomo-shika.jp/index.html

 

予防歯科は中高年世代から始めても決して遅くない

初診の患者はプラークスコア=70%前後が多い。虫歯や歯周病の原因となるプラークが、約7割も残っている状態です。フロスや歯間ブラシの使用法を習得してもらうと、2か月後には20%以下になる。中高年世代から予防歯科を始めても、決して遅くはありません
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00000006-pseven-life

 

日本に住む方の多くは、歯科医院に対して「痛い・怖い」というイメージをお持ちなのではないでしょうか。しかし、海外に住む方の歯科医院に対するイメージは、日本のものとは違うようです。海外に住むほとんどの方は、「毎月歯医者さんに行って検診し、クリーニングをしてもらっているよ」と笑顔で答えます。
出典:http://www.katsurashika.jp/

 

小さいお子様は最初に行った歯医者さんのイメージが大事になります。そこで、最初に怖かったり、痛かったりするとお子様の頭の中には歯医者=怖い、痛いというイメージができてしまいます。当院ではそうならないために時間をかけてゆっくりとお子様とのコミュニケーションをとりながら治療を進めていきます。
出典:https://dc-1.com/original2.html

 

難易度の高い歯医者選び!選択を間違えたときの代償は大きい

「歯医者選び」は非常に難易度が高い。患者の視点に立てば、歯科治療はわからないことだらけだ。「何が正しい治療か」「本当に歯を抜く必要があるのか」──選択を誤れば、高いカネを払った挙げ句に歯を失うリスクがある。
出典:https://www.news-postseven.com/archives/20190318_1331706.html

 

静脈内鎮静法で痛みと怖さを和らげます。腕の静脈に点滴で鎮静剤を注入する方法です。数分後には薬が効いて眠くなってきます。 意識はありますが、不安や緊張が和らぎ痛みも感じにくくなります。
出典:http://www.endo-dc.net/treatment/dental_anxiety.html

 

インプラントは外科手術です。インプラント以外の手術にも習熟していなければなりません。もちろん、補綴にも詳しく、歯周外科手術・歯周形成外科もできなくてはインプラントを長期間もたせることはできません。
出典:http://ozawa-do.com/iinerabi/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です